相談無料!0120-2969-37 メールでのお問い合わせはこちら

任意売却ができない場合

住宅ローンの支払いが滞り任意売却を希望していても、以下の様なケースは任意売却ができない場合があります。

競売の手続きが進んで、入札が目前に迫り時間的に不可能な場合。

連帯債務者・連帯保証人と連絡がとれない、売却の承諾が得られない。

内覧・内見希望者が出ても、お部屋の中を見せてもらうことが出来ない。

税金の滞納額、マンションの管理費等滞納額が債権者の許容範囲を超えている。

ご本人もしくは保証人の本人確認ができない。お歳でご自分の意思表示ができない場合も不可です。

債権者との関係を悪くしてしまっている場合。

債権者が競売以外認めない場合。又、後順位抵当権者が応じない場合も不可です。

連帯保証人に絶対に迷惑をかけられない場合。

再建築不可の条件下に在る不動産(売れる可能性は有ります)。

依頼主が途中で消息不明になってしまう場合。

住宅ローンの返済が厳しくなり家計の負担が大きくなっても
以下の様な対処法で住宅ローンを払い続けるのはやめましょう。

消費者金融から借りて返済する。

親、兄弟、親戚、友人から借金をして返済する。

家計の見直しをせずにその場しのぎで返済する。

1円でも多く返済しようと返せる金額だけ返済する。

ローンが払えないからと勝手に引越しをする。

銀行などに相談せず、連絡が取れない状態になる。

諦めて何もしないでほっておく。

株式会社スペーシア
〒359-1131
埼玉県所沢市久米1番地の48
TEL 04-2969-0201
FAX 04-2969-0203
MAIL info@spacia-v.jp
任意売却の用語集 会員の皆様へ 弁護士の皆様へ 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県にお伺いします