相談無料!0120-2969-37 メールでのお問い合わせはこちら

業者選びのポイント

依頼する業者は必ずご自分で選びましょう。

任意売却は一般的な不動産売買とは違います。
当社にご相談されるケースで最近多いケースは

「別の不動産会社に依頼したがまったく動いてくれない」
「報酬を要求されているが、一般的な金額の目安を教えて欲しい」

など、耳を疑う様ないい加減な業者も増えているという実態が垣間見れます。

さらに、住宅ローン等の滞納が始まると、債権者(公庫・銀行等)から電話や文書で催促があり、返済が無理なら
「任意売却業者を紹介しましょうか」と債権者側の不動産業者にて任意売却を勧めてきます。
ここで考えなくてはならないのは、

債権者側の不動産業者に依頼した場合、所有者ではなく、
債権者にとって都合の良い取引になると言うことです。

引越し時期・残債務の支払い方法などうまく交渉できないかもしれません。
あくまでも所有権は所有者にあるわけですから、債権者に勧められても丁寧に断り、
ご自分で業者の選択をしたほうが有利な売却ができます。

担保付不動産の任意売却に精通している業者を選びましょう

任意売却という特殊性より、通常の売却と比較して法律などの
専門的知識・債権者との交渉力が必要となります。

不動産登記事項証明書(登記簿)や住宅ローンの支払い状況、今後の見通しなど債権状況が正しく判断できないと買主や債権者と思わぬトラブルが生じ、任意売却が失敗することもあります。
実務を把握し経験豊富な業者を選びましょう。
任意売却がスムーズで理想的な形で終了できるのは、業者選びが決め手になる事も大きなポイントです。

お金に関して明朗な業者を選びましょう

不動産業者の中には、高額な引越し費用の捻出をアピールしたり、口約束、申込み着手金を請求したり、高額な成功報酬を要求する場合があります。
任意売却といってもご依頼人の方の不動産を売却する為のお手伝いですので、報酬は、

一般の不動産の売買仲介手数料 3%+6万円+消費税の法定手数料のみです。

債権者への債務の交渉、手続きの代行、契約などの見直しなどにより別途、報酬を請求する事は一切ございません。

残債務に関しトータルでサポートしてくれる業者を選びましょう

任意売却で不動産を売却しても残債務が残るケースもあります。
その場合は、残債務の支払い方や、今後の対応の方法など弁護士等の指導の下でトータルにサポートできる業者を選びましょう。
株式会社スペーシア
〒359-1131
埼玉県所沢市久米1番地の48
TEL 04-2969-0201
FAX 04-2969-0203
MAIL info@spacia-v.jp
任意売却の用語集 会員の皆様へ 弁護士の皆様へ 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県にお伺いします